しわができる3つの原因とその解決方法

しわができる3つの原因とその解決方法

顔にしわが現れる原因には大きく分けて3つあります。
それぞれの原因に合わせた対策方法をご紹介しますので、アンチエイジングに役立ててみてはいかがでしょうか。

 

乾燥が原因となってできるしわ

 

肌に細かいしわができていたら、それは肌の乾燥が原因である可能性が高いです。肌が乾燥して表面のキメが乱れ、細かいしわができると乾燥じわやちりめんじわと呼ばれますが、目や口の周りなどの肌の薄い部分によく現れます。乾燥じわができないようにしたい時、または乾燥じわを改善したい時はとにかく肌の保湿をすることが大切です。肌にうるおいを与える能力が高いスキンケアアイテムで毎日しっかりお手入れしましょう。乾燥じわは十分な保湿をすることで自力での改善が目指せますし、それ以上深いしわにならないための予防にもなるため、早めに対策を始めるのがおすすめです。

 

紫外線を浴びたことが原因のしわ

 

日光を浴びると紫外線によって肌がダメージを受けます。そのダメージが積もっていき、真皮層のコラーゲンやエラスチンが劣化して肌を支える力が弱まり、しわとなって現れるのが真皮しわと呼ばれる深いしわです。このタイプのしわは若い時に浴びていた紫外線によるダメージが後になって現れてくることが特徴なので、予防したいなら日焼け止めを塗ったり日傘を使うなどの紫外線対策を手を抜かずに行うことが重要になります。

 

すでにできてしまった真皮しわを改善するのは難しいとされています。しかし、自宅でできるケアとしては、ビタミンC誘導体などのコラーゲンの生成を活性化させる成分が配合されている化粧品でお手入れすることで徐々に改善ができる場合があるため、あきらめずに使ってみてください。

 

表情筋が関係しているしわ

 

誰でも、笑った時や難しい顔をした時などには表情が変わるのに合わせて肌にしわがよります。そのような表情の表れに伴ってできるしわは表情筋の動きによるものですが、加齢などの影響で表情筋が衰えてきてしわが元に戻らなくなり、怒っていない時でも怒っているかのようにおでこにしわがよったままになってしまうということがあります。このタイプを表情じわと呼んでいます。

 

表情じわは若い人は肌にハリがあるので現れにくいですが、加齢によって肌からハリが失われてしまうと、表情筋の動きでできたしわが元に戻りにくくなってそのまましわとして定着してしまいます。そこで、このタイプのしわを予防したいなら、日頃から紫外線対策を行って肌からコラーゲンなどが失われないようにすることと、肌の潤いを保つことが大切になります。

 

また、顔に刻まれてしまった表情じわに困っている人は、美容クリニックで受けられるボトックス注射が表情じわの改善に有効です。短時間で受けられる治療ですから、利用を考えてみるのも良いでしょう。

 

おでこや眉間にいつもしわがよっていて怖い顔に見られるのは損ですから、こうした表情をする癖がある人はなるべく眉間などにしわをよせないように気をつけて生活するのも表情じわの予防に有効です。