男性型脱毛症に女性もなってしまう理由

男性型脱毛症に女性もなってしまう理由

男性型脱毛症というのがあるのですがこれがいわゆるAGAと呼ばれるものになり、まず一つ勘違いしてはいけないという部分があるのですがそれは名前は男性型脱毛症ではあるのですが女性もなるということです。

 

 

 

男性の方が圧倒的に禿げやすいというのはこの症状が起きやすいからではあるのですが女性だって男性ホルモンを分泌している部分があるわけですから、それによってAGAになることがあります。これは男性ホルモンが毛を抜くようにというシグナルを間違って出してしまうということから起きると言われているわけですが、要するに男性ホルモンに由来する脱毛症であるわけです。

 

 

だからこそ男性型脱毛症と言われているわけですが、女性のホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが弱くなってきたりしますとこういう症状に見舞われることがあります。さて治療法なのですが単純に毛生え薬と呼ばれるようなものを見るということもありますし、もはや毛根の復活が不可能に近いという状況になった場合は植毛という手もあります。

 

 

頭皮などに具体的なダメージが出てきたから禿げてきたというわけではないので、毛根が復活することも当然あるわけです。それを促すために髪の毛に良いものを食べたり、血行を良くしたりということによって改善をしようというやり方もあります。意外とこの頭皮の血行を良くするという行動に対して効果があるということが報告されているので、まずそれを試してみる、ということがお勧め出来ます。

 

 

しかし最終的にはやはり専門医に診てもらうということがベストになることが多いので注意しておきましょう。当然、自己負担で行うべき治療となってしまうので費用的な負担がかなり重いのも覚悟しておくべきです。そして、其の上で治るとか限らない、というのも仕方ない側面でもあります。ですが、かなり強く育毛、発毛にアプローチできる薬なんかはどんどん出ていますから、諦めないで医者にいくようにしましょう。